CAZAL
(カザール)

『独創的なラインの美しいフォルム』

家具・陶器・クリスタルガラス・シャンデリアなどのフリー
デザイナーとして働いていたカリ・ツァローニ氏のもとに
ある時、眼鏡デザインの依頼が届き手掛けたところそれが大ヒット、
ツァローニ氏の美意識がメガネのデザインに向けられました。
その後1975年ドイツでEYEWEARブランドCAZALを発表する
こととなり、彼の作品は、世界中の多くのアーティスト、
ミュージシャン、俳優にも愛用されています。

建築は人間の全体を捉えてデザインされ、その後人間は、
建築の細部で生かされている。眼鏡はそれと反対で、人間の一部分
である目元をまず捉え、それが人間全体に影響を及ぼすのである。
フレームを創造する可能性は、一見とても小さなものに思えるが、
人全体に及ぼす影響は非常に大きいのです。